サニみやブログ

予防対策!基本の手洗い★

2015.09.07

サニみやブログをご覧の皆様、こんにちは。
サニクリーン宇都宮の池上です。
9月に入り、宇都宮は晴れの日が少なく急に寒くなってきました。
寒暖差からか、池上は体調を崩し寝込むはめに( ;∀;)
体調管理の大切さを改めて感じます…とほほ。

さて、今回の内容はそんな体調管理・風邪予防の基礎基本!「正しい手洗いの方法」です。
写真で紹介しますので、ご家族で実践してみてくださいね!

お急ぎの方はイラストでまとめてありますので、こちらをどうぞ♪

<正しい手洗い方法>
①まずは手を流水でぬらします。
手を十分にぬらすことで、石鹸の泡立ちがよくなります。
IMG_2137_R

②次に石けん液を適量とります。
ワンプッシュでOK!
汚れを落とすことを考えるとついつい洗剤の量を多くしがちですが、
多くしたからといって洗浄力は一定レベルまでしか高まりませんし、泡立ちも悪くなります。
加えて、すすぎに時間がかかるし、洗剤がもったいない…!
洗濯やお皿洗い、手洗い等、洗剤を使うときは「適正濃度(適量)」を心がけましょう♪
IMG_2140_R

③手のひらをこすり合わせて泡立てます。
IMG_2142_R

④手の甲を片方の手でこすります。
手洗で以外と忘れがちなのが手の甲。しっかりと洗いましょう。
IMG_2144_R

⑤両手の指の間をこすり合わせます。
いわゆる【恋人手つなぎ】を一人でします…うぅなんか悲しい。
IMG_2147_R

⑥指先で片方の手のひらをこすります。
IMG_2148_R

⑦親指をもう片方の手で包みこすります。
IMG_2149_R

⑧両手首まで丁寧にこすります。
IMG_2150_R

爪ブラシで爪の中を丁寧にこすります。
100円ショップ等でも手軽に購入できますよ。
IMG_2152_R

⑩流水でよくすすぎます。
IMG_2153_R

⑪ペーパータオル等でよく水気を取ります。
手をぬれたままにしていると、雑菌がつきやすくなってしまいます。
また、手を拭くタオルも清潔なものを使用しましょう♪
女性は特にですが手洗後に髪の毛を直したりすると、
せっかくきれいになった手が汚れてしまいます…。
IMG_2156_R

消毒は指先から擦り込み、全体に伸ばします。
指の間、親指、手首も忘れずに!
IMG_2160_R

「時間がかかりそう。」「めんどくさそう…」と思われた方、ぜひ1度やってみてください。
一連の動作さえ覚えられれば、簡単ですよ♪
大事なことは、洗い残しが無いように丁寧に15秒以上洗うこと!
15秒以上というところが大事です。

今回使用した商品はこちら♪
washbon2_R DSC03091_R
ウォシュボン(薬用ハンドソープ) 
うるおい成分配合の純植物石けん。空気を取り込みやすく、泡立ちがよくなりました。
今回実際に使ってみて驚いたのは、市販のものよりも泡立ちがいいこと。
しっかりと手をぬらして擦り合わせれば、バッチリ泡立ちます♪
ポンプ付ボトル760円(税抜き) 480㎖
詰替え用560円(税抜き) 480㎖

fingerdisinfectant_R
手指消毒剤
弊社営業所でも常時設置。手に残らず、ベタベタしないのでつけやすいです。
手洗いの最後にプッシュすれば、ばっちりOK!
ポンプ付ボトル 2,600円(税抜き) 1リットル

付替え用ボトル2,300円(税抜き) 1リットル

ぜひ、ノロウイルスインフルエンザ対策にご活用ください!
お問い合わせはこちらからどうぞ♪
qb